検索
  • 動物病院看護師みるまめ

動物病院に行くときは気を付けよう!愛猫のために注意したい3つの事

家族同然の愛猫、予防接種や体調不良で動物病院にかかることがあるかと思います。人間とは違い言葉が話せない猫ちゃんですから体調不良時にはどうしたのかしら…と飼い主様も不安になりますよね。ですが猫ちゃん達は更に大きな不安を抱えて動物病院にやってきます。そこで今回は動物病院への通院時に愛猫のストレスを少しでも軽減できるポイントをご紹介します!

①時間帯には注意しましょう

動物病院には猫は勿論、沢山の動物がやってきます。猫ちゃんの多くはワンコの鳴き声があまり得意ではありません。体調不良に加え、見知らぬ場所にきたことで緊張状態は既にマックスなはずです。ワンちゃんの鳴き声が響き渡る待合室で長時間待つのは猫ちゃんにとってあまりに酷な状況と言えるでしょう。来院前に電話で混雑具合を確認してみるといいかと思います。またスタッフ側からお声掛けする事もありますがあまりに待合室が騒がしい場合、裏の静かな場所で順番がくるまでお預かりできるケースもあります。どうしても混み合う時間帯にしか来院できない場合にはスタッフに相談してみましょう。


②洗濯ネットにいれていこう

動物病院に行くときはキャリーバックに入れて出発しますよね。ですがキャリーバックに入れる前にまずは洗濯ネットに入れましょう。かわいそう…と感じる方がいるかもしれませんが実はこれとっても重要なポイントです。臆病な猫ちゃんはキャリーバックを開けた瞬間飛び出て暴れてしまう事があります。そうなるとまず捕獲することが大変ですし、余計な恐怖心を与えてしまいます。

ネットに入っていることでスムーズにキャリーバックから出すことができますし、必要な処置を行う際もお互いがケガをしないためにとっても役に立ちます。結果病院に滞在する時間も短縮することが可能です。

サイズはキツキツではなく余裕を持った大きさのものを使用してください。

③スマホでの撮影(写真)でもOK

察しのいい猫は空気を読んでキャリーバックを出した途端逃げ出してしまうこともあります。予約を頂いていた猫ちゃんが捕まえられない…という理由でキャンセルになることは動物病院のあるあるです。どうしても連れていくことができない時は症状を写真に収めて獣医師に見てもらいましょう。

いかがでしたか?デリケートな猫ちゃんが多いので動物病院に行くときは性格を考慮しケースバイケースで対応してあげましょう。


#ペットの飼い方 #動物病院



7回の閲覧
TkanLab企業ロゴ.png
LINKS
  • Facebook
  • Twitter
ABOUT

お問い合わせ

​TkanLab

利用規約

プライバシーポリシー

特定商取引に基づく表記

​免責事項

© 2020  TkanLab,INC. All Rights Reserved.​